Ubuntuを普段使いするに当たって覚えておきたいTips集

スポンサーリンク

パソコン・ガジェット
この記事は約4分で読めます。

お世話になります。山ネズミです。

Ubuntu OSを普段使いしていても、Windowsと同様にトラブルに遭うことはある。
いくら安定したOSとはいえ、フリーズが起こったり、不便な点があったりするものである。

本投稿では、私が普段使いしているUbuntuで発生したトラブルなどについて
その対応を書かせていただきたいと思う。
また、Windowsで実施できる設定と同様の操作も紹介させていただきたい。

この投稿には随時追記していくのでご了承いただきたい。
私が困った時のトラブルシューティング的な投稿であるが、
同じ境遇に遭った方の助けになれば幸いである。

スポンサーリンク

■フリーズした

Windowsであれば「Ctrl+Alt+Del」でタスクマネージャを開いて暴走しているプロセスを強制停止させる。
Ubuntuではそのコマンドでタスクマネージャを呼び出すことはできない。
フリーズした時は、以下の操作を行う。

1.  「Ctrl+Alt+F2」でコマンドラインを呼び出す
2. ユーザー名とパスワードを入力してログインする。このコマンドラインではテンキーが効かないので、数字にパスワードを含めている場合は テンキーでない方の数字キーを利用する。
3. 「top」と入力してエンター。プロセスの一覧が表示される。ここで、高負荷のPIDを確認する。
4. 「k」と入力して高負荷のPIDを入力してエンターを二回押すと該当プロセスが終了する。
5. 「Ctrl+Alt+F7」でデスクトップに戻る

プロセスの終了だけでは解決できない場合もあるので、その場合はコマンドラインの画面から再起動させてもよい。
「shutdown -r now」と入力すれば再起動させることができる。

■Chromeを動かす時にパスワードを聞かれる

Chromeを起動させると、以下のようなメッセージが出てくることがある。

ログインキーリングのパスワードを入力してください。
コンピュータにログインする際、ログインキーリングがロックを解除しませんでした。

Chrome起動のたびに表示されるので、正直邪魔である。
個人PCであれば、この機能は無効化してしまおう。手順は以下の通りである。

1. 「ユーティリティ」から「パスワードと鍵」を起動させる。
2. 以下の画面が表示される。

3. ログインの部分を右クリックするとメニューが表示されるので「パスワードの変更」をクリックする。
4. まず「現在のパスワード」を求められるので「Ubuntuへのログインパスワード」を入力する。
5. 次に新しいパスワードの入力画面になるので空欄のまま「続ける」をクリック。警告されるが無視して「続ける」をクリック。

■Win+Eキーでファイルマネージャを開けるようにする

Ubuntuでは基本的にWindowsと同様のショートカットキーを使うことができる。
「Win+D」でのデスクトップ表示や「Ctrl+Z」でのアンドゥなどが使えるので
特に違和感なく使用できるが、「Win+E」でのファイラー表示はできない。
そのため、ショートカットキーに登録する必要がある。手順は以下の通り。

1. 「システムツール」から「設定」を起動させる。
2. 「キーボード」からショートカットキーを登録する。
3. 名称は任意の名称を入力し、コマンドには「nautilus」を入力する。
4. 「ショートカットの設定」をクリックするとキーボードの入力を求められるので、「Win+E」を押してOKをクリックしよう。「Super+E」と登録されるが正常である。

当然であるが、他にもショートカットキーを登録することができる。
自分好みのショートカットキーを登録しよう。

■単語を登録する

自分のメールアドレスなど、何度も入力する割には長い文字列を登録しておくと効率がアップする。
セキュリティのことを考えれば登録するべきではないが、個人PCであればそこまで問題にはならない。
Windowsでは「IMEツール」から行うが、Ubuntuでは「Mozcの設定」から行う。

1. 「システムツール」から「Mozcの設定」を起動させる。
2. 「辞書」タブから「ユーザ辞書の編集」をクリックする
3. 単語登録の画面が表示されるので「読み」と「単語」を登録しよう。

以上です。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました