スカウトされた会社を辞めて前の会社に出戻り転職しました。スカウト入社は普通の転職と変わりません

スポンサーリンク

転職
この記事は約4分で読めます。

お世話になります。山ネズミ(@yama_nzm)です。

ヘッドハンターからスカウトされて転職したとしても、その会社に対して不満が出ることはあります。

入社してしばらくは期待されたとおりの働きができますが、組織変更や会社の経営方針変更などで思った活躍ができなくなることもあります。

そうなってきますと、「期待された仕事」ではなく「企業側がしてほしいこと」にシフトしていきます。

私の体験で恐縮ですが、「SE」としてスカウトされたのにもかかわらず、「広報」の仕事ばかりをやらされるようになってしまいました。

こうなると、仕事へのモチベーションも下がってしまいます。

上司に直接相談しても会社の方針自体が変わってしまっているのでそのまま担当業務が変更されることになってしまいました。

こうなってしまっては、「転職」を考えざるを得ません。

仕事を選ぶのは自分ですので、どうしても譲れないものがあるなら辞めてしまうのがいいと思います。

私の場合は、たまたまですが「もうこの会社を辞めてしまおうかな・・」と思ったタイミングで
前職の上司から「戻ってきてもいいよ」と言われましたので、「前職を辞める原因」と「今の会社を辞める原因」を秤にかけてよく考えた上で「出戻り転職」を決意しました。

ここで皆様は「スカウトされておきながら出戻り転職するのはどうなの?」という疑問を持たれると思います。

私の考えですが、スカウトとはいえ本質的には一般の転職と変わりありません。

この記事ではスカウトされた会社から前の会社に出戻り転職をしたという体験談を書かせていただきたいと思います。

スカウトされたはいいけど、理由があって前の会社に戻りたくなってしまった。でも今更前の会社に戻るなんて許されるのだろうか?

そんな人の疑問解決になれば幸いです。

スポンサーリンク

■スカウト会社の担当者に相談する

「スカウトされておきながら前の会社に出戻りはどうなのだろう」と私もそう思っておりました。

ですので、上司に相談するよりも先にスカウト会社の担当者と連絡をとることにしました。
(※以後、”スカウト会社の担当者”を”スカウトマン”と書かせていただきます)

転職してしばらくはショートメールや電話でやりとりをしており、「困ったことがあればいつでも相談してください」と言われておりましたので、まずはスカウトマンに事の顛末をメールで相談しました。

後日、「状況把握のためにも一度お会い出来ないか」とメールの返信がありました。

私は「どうして辞めたいと思ったのか」ということと「なぜ前の会社に戻りたいと思ったのか」
ということについてワードにまとめた印刷物を持っていきました。

原稿があれば、より説得力が増すと考えたからです。

印刷物をお渡しし、今回の出来事についてお話ししました。

スカウトマンは大いに納得され、「私の方から代表に連絡いたします」と言ってくださりました。

その後、代表から打ち合わせをしたいと連絡があり、応じました。

代表は状況を把握されており、特に咎められることなく転職について承諾していただけました。

■退職の手続き・引き継ぎ業務を行う

ここからは通常通り「退職の手続き」と「引き継ぎ業務」を行っていきます。

無事退職を認められたことはスカウトマンに連絡しています。

「スカウトされて入社した」ということは代表以外は知りませんので、「スカウトされておきながら辞めるなんて・・」と咎められることは一切ありませんでした。

■前の会社に戻るとは言わない

ここで転職の時の注意点ですが、前の会社に出戻りするということをスカウトマン以外には一切話しませんでした。

もし取引先となって仕事をするとなれば会社に迷惑がかかりますのであえて伏せることにしました。

「前の会社と同じ業種の会社です」とは説明しました。

会社側も深く追求してきませんでしたので、選択は正しかったのだと思います。

■まとめ

当記事をまとめます。

・まずはスカウト会社に連絡する
・スカウト会社から会社の代表に連絡していただく
・直接代表と話し、退職手続きと引き継ぎ業務を行う

スカウトされた会社から前の会社に出戻り転職するということについて書かせていただきました。

繰り返しになりますが、スカウトされて入社したとしても代表以外の社員はそのことを知りませんので特別扱いされることはありません。

いわゆる「中途採用者」と扱いは変わりませんので辞めたいと思えば辞めてしまってもいいのではないかと思います。

スカウト入社に特別な待遇があるわけではないということを今回の体験で実感しました。

当記事では、スカウトされて入社しておきながら出戻り転職することが可能であるという例をご紹介しました。

めったにあることではないですが、同じ境遇の方がいらっしゃれば参考になれば幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました