奨学金は繰り上げ返済すべきか?メリットとデメリット

スポンサーリンク

お金のこと
この記事は約3分で読めます。

お世話になります。山ネズミです。

奨学金の返済についてはいろいろな意見がある。
さっさと返して解放されたいという考えがある一方で
利子は低額だから、その分を投資に回すべきだという考えもある。

結局のところは本人の経済状況とお金に関する考え方によると思う。
私は繰り上げ返済を実施しており、完済している。

借りた以上は返すのが礼儀というものなので、
手段はどうあれ、完済させるべきと私は考えている。

本稿では奨学金の繰り上げ返済について、メリットとデメリットから
その是非を書かせていただきたい。

スポンサーリンク

■メリット

・借金から解放される

まず、このことに尽きる。
奨学金の返済期間は長い。十何年もの間借金を背負い続けるのは苦痛だ。
定期的に口座から引かれる奨学金。いつになったら終わるのだろう、と。
繰り上げ返済してしまえばあとは何の心配もない。
万が一、経済的な理由で支払えなくなってしまうこともない。

ただし、奨学金は通常のローンと異なり、
収入が減るなどで返済が困難になった時は減額申請などができる。
いわゆる「借金」と比べれば返済のハードルは低い。

・利子の分、得をする

無利子の奨学金も存在するが、よほどの成績優秀者でないと受けることはできない。
そのため、多くの場合有利子の奨学金を貸与されることとなる。
奨学金返済の際は当然その利子分も合わせて返していくことになる。
繰り上げ返済してしまえば、その利子分得をする。
一気に全額返済するだけでなく、一部を繰り上げ返済することもできるので、
可能であれば行った方がよいだろう。

■デメリット

・手持ち資金が減る

当然だが、繰り上げ返済すればその分手持ち資金は減る。
そのため、日々の生活費にすら困るような状況での繰り上げ返済は避けるべきだ。

奨学金は最大でも年利3%。一般的なローンと比べても少ない。

無理して返済するよりも、この低利子の恩恵にあずかり、
ゆっくり返済していくほうが最善の場合もあり得る。

・繰り上げ返済の資金を投資に回す場合

ネット上の情報では
「繰り上げ返済用の資金があるなら、投資に回した方がよい」
というような記述を見かけることがある。

確かに、奨学金の年利による追加返済額以上に投資で儲けることができれば
間違いなくプラスになる。
しかし、投資を行わず堅実に働いて返済していく考えもある。
お金のことを知るためには投資に手を付けるべきではあるが、
投資を行う気がなく余剰資金で払ってしまえるのであれば
繰り上げ返済を考えてもいいだろう。

・奨学金以外のローンを組む予定がある場合

自動車やマンションなどの購入を検討しており、
ローンを組む可能性がある場合は奨学金の繰り上げ返済するくらいなら
そちらに資金を当てた方がよい。
奨学金の利子は比較的少ないため、これらのローンと比べれば優先度は下がる。
奨学金の月々の支払金額は大きく変わることはないため、返済プランを練りやすい。

■まとめ

繰り上げ返済の是非は冒頭にも述べたが
その人の経済力や人生プランによるので一概には言えない。

私の場合は当時投資をする予定がなかったことと、
気が付いたら余剰資金で繰り上げ返済が可能であったため実行に踏み切った。
今では投資信託やつみたてNISA、株式投資を行っているため
繰り上げ返済資金をこちらに充てればよかったと思うことがある。

しかし、奨学金を完済したということによる心の余裕と、
ゆうちょ銀行を手放すきっかけとなったこともあり、後悔はしていない。

奨学金は身を削ってまで返済するようなローンでは決してないので、
繰り上げ返済する場合はくれぐれも余剰資金で行おう。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お金のこと
山ネズミをフォローする
My Calm Life

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました