【レビュー】高さ調整ができてかっこいいゲーミングデスク!Bauhutte(バウヒュッテ) BHD-1200Mとエクステンションデスク BHC-1200H

スポンサーリンク

パソコン・ガジェット
この記事は約6分で読めます。

お世話になります。山ネズミ(@yama_nzm)です。

作業机は日々のパフォーマンスを発揮するために重要な家具です。

ガタガタしてたり、高さが合わなかったりすると作業ははかどりません。

私は身長が低いですので、ニトリやIKEAで売っているような机では高さが合わないんですね。

また、安物ですとガタガタしたり、結合が甘かったりしますので安物買いの銭失いになりやすいです。

高さ調節がある程度自由にできて、丈夫でかっこいい机を探しました。これらの条件を満たす机はなかなかなく、探すのに苦労しましたがようやく理想の一脚を見つけることができました。

この記事では「高さ調節がある程度自由にできてデザインもよい」机の「Bauhutte(バウヒュッテ)BHD-1200M」のレビュー記事になります。

また、エクステンションデスク(BHC-1200H)も購入しましたので併せてレビューいたします。

スポンサーリンク

■BHD-1200MとBHC-1200Hの概要

まずは、それぞれの商品について概要を説明いたします。

・BHD-1200M ゲーミングデスク

スペック
幅×奥行×高さ 1200mm×550mm×590〜800mm
重量 15.8kg
天板材質 合成樹脂化粧繊維板、塩化ビニル樹脂加工
カラー ブラック、ホワイト、ウッド

高さは59cm〜80cmの間で調整が可能です。公式サイトはこちら

・BHC-1200H エクステンションデスク

スペック
幅×奥行×高さ 1200mm×250mm×590〜800mm
重量 14.44kg
天板材質 合成樹脂化粧繊維板、塩化ビニル樹脂加工、エポキシ粉体塗装
カラー ブラック、ウッド

BHD-1200Mと同様に高さ調節が可能です。公式サイトはこちら

■BHD-1200MとBHC-1200Hを購入した理由

・BHD-1200M ゲーミングデスク

今回こちらの商品を購入した理由ですが、何よりも高さ調節の範囲が広いというのが最大の理由です。

これまで使用していた机も調節はできたのですが、最も低くしても65cmくらいで、私の座高とは完全にマッチしませんでした。

こちらのサイトで計算すると机の高さは61cmが良い(身長158cmの場合)のですが、ここまで下げられる机というのがなかなか見つかりませんでした。

BHD-1200Mはこの範囲まで高さを下げることができます。

これまでは65cmに合う高さまで椅子を高くしなければならず、そうすると床に足がつかないので正しく座ることができませんでした。

正しく座れないと姿勢が歪みます。椅子の上であぐらをかいたりするようになりますので集中して作業するのが難しくなります。

自分の理想の高さに調節できますので、低身長の私にとって大変嬉しい商品です。

また、BHD-1200Mの高さ調節は二人での作業を推奨されていますが、一人でもできなくはないです。

片側ずつ上げていくような感じになりますが、59cm→61cm程度であれば問題ないと思います。

ただ、59cm→80cmと大きな範囲を一人で調節すると歪みなどの原因になりそうではありました。

・BHC-1200H エクステンションデスク

さて、今回机と併せて「エクステンションデスク」を購入しました。この商品は机と組み合わせて奥行きと収納スペースを追加することができます。

奥行きに関してはこれまで画面との距離が近く、目に疲れを感じていました。

通常のネットサーフィンやブログ執筆ではそこまで気にならなかったのですが、PS4をつなげてゲームをするとなるとその近さをどうしても意識することになります。

また、個人的に購入の決め手となったのは配線類をきれいに収納できることです。画像を使って説明していきます。

一番上の部分に配線類がまとまっています。付属の目隠し板で隠すことができます。

横から見た裏側はこんな感じです。天板にパンチ穴が空いていますのでモールや結束バンドで固定することも可能です。また、このパンチ穴のおかげで熱がこもることがありませんので発熱の心配も少なくなります。

奥行きの追加と配線隠し。この2つの機能に惹かれて購入を決意しました。

こちらの高さ調節は一人でも問題なく実施できます。

■組み立ては説明書の通りにやれば大丈夫です

この家具はいずれも自分での組み立てが必要になります。

ですが、付属の説明書に従って進めていけばそこまで苦労することなく完成させることができます。工具も付属していますので届いたその瞬間から組み立て始めることができます。

早く組み立ててゲームをしたいというユーザーの意見を尊重している・・というのは私の想像ですが、それほどまでに簡単に組み立てができました。DIYに慣れていればなおさらです。

ただ、今回届いたBHC-1200Hのロットですが塗装の盛り上がりがあった関係でポールを取り付けられない箇所がありました。

下から2番目の左隣に盛り上がりがあるのがおわかりでしょうか。

今回の組み立てには影響しなかったのが幸いでした。ここにポールを取り付けたいのであればヤスリなどで削る必要がありました。

組み立て自体は両方合わせて1時間かからないくらいで完成させることができるほどに簡単でした。

■実際に使ってみての感想

実際に設置したのが以下の画像です。

作業スペースが広がったことと自分に合った高さに調節が可能になったことで作業効率が向上しました。

今回はエクステンションデスクも購入しましたので奥行きが広くなりましたが、机単品ですと奥行きが55cmですのでモニタとの距離が近く感じるかもしれません。

天板厚が2.1cmありますのでモニターアームを取り付けることができるのでそれで対応が可能です。

強度と安定性も文句なしです。モニターやスピーカーもしっかり置けますし、脚に高さ調節ネジがありますので安定した状態に調節が可能です。

レーザーマウスも難なく動きますし、高さが合ったことでキーボードの入力も楽になりました。

PC作業をする分には全く不満はありませんが、書く作業をする場合はちょっと注意です。

天板の表面がザラザラしていますので、筆圧が強い方ですとペラ一枚の紙に書くと破れてしまうかもしれません。

私的なメモ程度であればほぼ支障なく書くことができますが、公的な書類に書く場合は何か下に敷いたほうがいいです。

商品自体が「ゲーミングデスク」ですのでどちらかといえばPC作業に向いた机と言えます。

そのように割り切って使うのであれば最高の一品であると思います。

■まとめ

当記事をまとめます。

★BHD-1200Mはこんな机
・広い範囲で高さ調節が可能なシンプルデザインの机

・別途工具が不要で説明書通りに組み立てが可能
・強度、安定性ともに◯
・書き作業よりPC作業に向いたデスク
・エクステンションデスクなしの場合、奥行きが狭め

何よりも自分の体格に合った高さに調節ができるというのが本製品最大の魅力です。

ここまで広い範囲で高さ調節できてデザインの良い机は希少です。

120cmモデルは奥行きが55cmですが、100cmモデル(BHD-1000M)でしたら奥行きが60cmありますので横幅よりも奥行きを重視される方はこちらを選択するという方法もあります。

お値段は机が28,000円、エクステンションデスクが18,000円ほどと決して安くないですがコンフォート原則を考えれば投資する価値は十分にあります。

バウヒュッテの商品はエクステンションデスク以外にも豊富なオプションがありますので拡張性が非常に高いのが素晴らしいです。一度公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

自分に合った高さに調節ができてシンプルで飽きのこないデザインの作業机が欲しい方は一考の価値ありですよ。

以上です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました