音楽はCloudBeatsとSpotifyで十分

スポンサーリンク

パソコン・ガジェット
この記事は約4分で読めます。

お世話になります。山ネズミです。

私は基本的に外出するときは音楽を聴いている。
一人で外出している人の大半はイヤホンを耳に入れているように思える。

外出であってもプライベートを維持したいという心理が
人をそうさせるのだろうと思うが定かではない。

スマホで音楽を聴くためのアプリはいくつかあるが、
私は「CloudBeats」と「Spotify」を使用している。
それぞれの使い分けと、選んだ理由について書いていきたい。

スポンサーリンク

■BGMとして使うのはSpotify

普段の通勤中や特に聴きたい曲はないが音楽を流したいときにSpotifyを使用する。
私が利用し始めたのは去年くらいだったと思うが、
そのときは邦楽が少なく、使い方もわからなかったためアンインストールしていた。
しかし、使い方を改めて調べることで利活用できるようになった。

・プレイリストを探してお気に入り登録

Spotifyには無数のプレイリストが登録されている。
アーティストごとのものからジャンルごとのものまで様々だ。
まずは、自分好みのプレイリストを見つけてお気に入りに登録しよう。
私はまず「アニソン 歌もの 全部盛り」を登録した。
このキーワードで検索すれば候補に上がってくるはずだ。

また、「ジャズ」や「クラシック」など、ジャンルでの検索も可能だ。
「読書」のようなキーワードで検索すれば、それに使えそうなプレイリストも見つけることができる。
とにかく、気に入ったプレイリストを登録しよう。

・しばらく聴き流す

プレイリストを登録したら、しばらく聴き流そう。
Spotifyはユーザーが聴く音楽を学習し、「オススメプレイリスト」を作ってくれる。
また、先ほど紹介したプレイリストは曲数が膨大なので実現は難しいが、
プレイリストを一周すると、そのプレイリストに関連する音楽を流してくれる。
その音楽が気に入れば、それもお気に入りに登録しておこう。
プレイリストだけでなく、曲単体もお気に入り登録ができる。

・お気に入りが溜まってくると、関連楽曲が入ってくる

お気に入りに楽曲をどんどん登録していくと、それに関連した楽曲が集まるようになってくる。
的はずれな楽曲も入り込んでくるが、好みでなければ「この曲を再生しない」に
チェックを入れることで外すことができる。
「お気に入り」にプレイリストや楽曲が蓄積されていくと、
十分にBGMとして活用できるようになる。

・無料プランでも十分

無料プランだと曲の合間に「広告」が入るがBGMとして聴き流しているので気にならない。
また、この場合1時間に6曲までしかスキップできないが、
そんな頻繁にスキップするようなこともない。
なにより、無料で4000万以上の音楽を楽しめるのだからBGMには困らなくなる。

■お気に入りの曲をリピートするときはCloudBeats

普段のBGMにはSpotifyを使っているが、Spotifyには存在しない曲もある。
J-POPやアニソンは数が増えたとはいえ網羅には程遠い。
「この曲が聴きたい!」というときに検索しても見つからない場合がある。
また、曲をリピートする機能が充実していないので、
お気に入りの一曲を延々リピートしたいときはこちらのアプリは適していない。

そういったときには「CloudBeats」を利用する。
任意の曲をアップロードして登録可能な上リピートもし放題である。
なにより広告やスキップ制限もないので音楽に集中できる。

■まとめ

まとめると、2つの音楽アプリは以下のように使い分けている。

・作業用として聞き流すならSpotify
・音楽をしっかり聴きたいときはCloudBeats

Spotifyで聴き流して自分好みの楽曲が見つかれば楽曲データを購入し、
クラウドストレージ経由でCloudBeatsからリピート再生するというフローである。
自分の感性で曲を選んでいると、似たような曲しか集まってこない。
Spotifyをラジオ感覚で聴き流すことで、新鮮な曲に出会うことができる。

以上です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました