隣人の騒音を大家さんに相談したら部屋を移ることになった体験談

スポンサーリンク

日々のこと
この記事は約3分で読めます。

お世話になります。山ネズミです。

私は現在月6万の安アパートに住んでいます。
間取りはこの上なく最高なのですが、とにかく「壁が薄い」です。
耳を澄まさなくとも、鼻をかむ音や蛇口をひねる音が聞こえてくるほどです。
いわゆる「生活音」であれば多少我慢はできるのですが、
「話し声」「TVの音」「いびき」といったものはどうも抵抗があります。

特に「話し声」は耳栓をしたとしても聞こえてきます。
耳栓は危険防止のためか人の声は通すようにできていますので、
一番シャットアウトしたい音にもかかわらず聞こえてきてしまいます。

隣の話し声は「彼」が起きてからほぼ一日中聞こえてきます。
独身男性が一人で住んでいたように記憶しておりましたが、
ここ最近は「女性の声」が聞こえるようになりました。
どうやら、大家さんに内緒で二人で住んでいるようです。

スポンサーリンク

■大家さんに電話すると、意外な答えが

連日続く話し声にとうとう耐え切れず、大家さんに連絡をすることにしました。
「隣の話し声の音量について注意してほしい」と伝えました。
また、その時に二人で住んでいるらしいことも報告しておきました。

てっきり注意してくれるものと思っておりましたが、予想外の答えが帰ってきました。

隣が近々引っ越すので、移っていただくことが可能ですが・・

当時の位置関係としては、以下の通りです。

件の隣人 私の部屋 空く予定の部屋

この「空く予定の部屋」は角部屋で、騒音の悩みは解消されそうだということです。
注意していただくようお願いしたはずですが、部屋の移動を勧められるとは思ってもみませんでした。

■内見、そして引っ越し

大家さんにクレームを入れた翌週、その空き部屋を内見することとなりました。
実は現在のアパートを契約する際にこの部屋も空いていたのですが、
そのときはキッチンがやや狭く、持ち合いのガスコンロを置くことができませんでしたので
この部屋は選びませんでした。

ところが、今回の内見では嘘のようにキッチンが広くなっておりました。

私は自炊をするので部屋選びにおいてキッチンの広さを最も重視しています。
そして間取りは現在住んでいる部屋と遜色なく、
それどころか角部屋であるがゆえに窓が多く、広々としていました。

キッチンの問題が解消されていましたので、引っ越しについて承諾しました。
早速引っ越しスケジュールを組み立て、実行に移しました。

■引っ越し後

当然のことですが、騒がしかった隣人の話し声は聞こえなくなりました。
角部屋になった分早朝のバイク音がやや大きくなりましたが、
ほぼ一日中続く話し声から逃げられたことは最大の成果でしょう。

また、怪我の功名か「最上階角部屋」に住むことができました。
騒音対策をするにしても片側だけで良いですし、
角部屋ということで窓が多く、風通しも改善されました。

ちなみに、隣人が二人で住んでいることに関してはまったくのノーコメントでした。
間違いなく規約違反であると思うのですが、もはや無関係なので気にしないことにしました。

■まとめ

大家さんに連絡することで解決する問題とそうでない問題があります。
今回のケースは幸いにも前者でした。

確かに、大家さんの注意により一時的に話し声が小さくなったとしても、
それが永続するわけではありません。
ですので、今回の「部屋移動」という手段は正しい選択であったのではないかと思います。
いくら注意しても、改善するとは限らないですよね。

月6万円の安い木造アパートならどうしても隣の騒音は聞こえてきてしまいます。
どうしても我慢できないのであれば、マンションへの引っ越しを考えたほうが有益です。

騒音の問題は現代の集合住宅事情において悩ましい問題でありますが、
我慢してストレスを溜めるよりも大家さんや管理会社の方に相談して
何らかの対策を提案していただくのが最善の策なのではないかと思います。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日々のこと
山ネズミをフォローする
My Calm Life

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました