メルカリを使ってモノを減らしました。昔のヤフオクと比べて便利だと思ったこと

スポンサーリンク

ミニマリスト
この記事は約3分で読めます。

お世話になります。山ネズミ(@yama_nzm)です。

モノを減らす手段としては単純に捨てる以外にも「売る」という選択肢があります。

売れば当然お金も入りますので、可能であればこちらの方法で手放したいものです。

ただ、「売る」という行為は少なからず手間がかかります。

「捨てる」なら粗大のような手続きが必要なモノを除けばゴミ箱に放り込めばそれで済みます。

「売る」場合は買い取りサービスに持ち込んだり、同意書に記入したり身分証の提示を求められたりと手続き上必要ではありますが面倒なことがあります。

そんな「売る時の手間」を軽減させてくれたのがメルカリというサービスです。

昔、同じようなサービスとしてヤフオクを使っていましたがこちらはなかなか手間な部分がありました。

今のヤフオクはマシになったのかもしれませんが、手軽さでいえばメルカリのほうが勝っているのではないかと思います。

この記事では、メルカリを利用して便利だと思ったことについて書きます。

モノを手放す手段は複数用意しておくと断捨離のハードルが下がりますよ。

スポンサーリンク

■そもそもメルカリとは

ルカリはインターネットで利用できるフリマアプリです。

スマホで写真を撮ってカテゴリを選択し、説明と価格を入力するだけで出品ができるサービスです。

ポイントは「スマホで撮影してそのまま出品できる」という点です。

高機能なカメラは必要なく、手軽に出品できるのが最大の利点です。

ヤフオクは入力項目が多かった記憶がありますが、メルカリを利用してその手軽さに感動したものです。

■配送料の計算が不要で、コンビニから発送できる

メルカリを利用して最も便利だと思ったことは配送料を計算する必要がないことです。

ヤフオクで出品していたときのことですが、配送料は荷物のサイズや重さによって異なりますので自宅で計算した送料と実際に配送に出した時に請求される送料とで差が出てしまうことがありました。

事前に送料を入力しておかなければなりませんでしたので、発送したあとで差額を落札者に連絡しなければならない事態があって面倒だと感じていました。

その点メルカリは売上金額から実際にかかった配送料を差し引いて利益としてくれますのでわざわざこちらで計算して入力する必要がありません。

また、配送も全国のコンビニから可能ですので郵便局で並ぶことがなくなりました。

メルカリアプリのバーコードを読み取ってもらってレシートを荷物に貼り付けて完了になります。この時に配送料を払う必要がないのでスマホ1つで送ることができます。

■梱包材の入手が簡単

梱包材の入手も一つの課題でしたが、メルカリ専用の梱包資材はコンビニで入手することができます。

また、ダイソーなどの100円ショップでもダンボールが入手できるようになっていました。

これもメルカリが流行して需要があるからこそ入手が容易になったのではないかと思います。

■スマホから簡単に出品できる

スマホで商品を撮影して項目設定すれば手軽に出品することができます。

購入者とのやり取りもスマホ1つで完結できます。

とにかく手間を掛けずにモノを手放すことができますので不要なモノをいつまでも収納の中にしまい込んでホコリをかぶってしまう・・・ということがなくなりました。

■まとめ

当記事をまとめます。

・メルカリはスマホから簡単に出品できるフリマアプリです。
・配送料の計算が不要なので大きさや重さを調べる必要がありません。
・スマホ1つで撮影から出品、やりとりまで完結できます。

まだ使えるのに捨ててしまうのはもったいないモノの処分にメルカリを活用しています。

たとえばもう遊ばなくなったゲーム機や衣類なんかがそれに該当します。

どうせ手放すのなら、他の誰かに使っていただきたいですからね。

捨ててしまえば、もうそれでおしまいです。

ですが、売れば販売利益を得られますし、「モノを回す」ことができますので罪悪感も軽減されます。

モノを減らすという行為に捨てる以外の手段を取り入れて快適なミニマリスト生活を送ってみませんか。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ミニマリスト
山ネズミをフォローする
My Calm Life

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました