献血はメリットだらけ!健康管理のためにもやってみましょう。検査できる内容とそのメリットを解説します

スポンサーリンク

運動・健康
この記事は約4分で読めます。

お世話になります。山ネズミ(@yama_nzm)です。

働いたり、趣味に勤しんだり、普通に生活をしていくためには何はなくとも「健康」であることが一番です。

病気をしてしまっては、楽しめるものも楽しめません。

健康を維持するためには普段の生活でそれを意識する必要がありますが、忙しくなってくるとどうしても疎かになってしまいます。

さらに、自分が健康であるかどうかを知るためには健康診断を受診するのが一番ですが、頻繁に受けられるものではありませんし、費用もかかってしまいます。

そこで、手軽にできる健康診断としての「献血」をオススメしたいと思います。

また、健康管理以外にもメリットがありますので併せて紹介していきます。

スポンサーリンク

■一部の健康診断ができる

献血を受ける人は当然ながら「健康」でなければなりません。

「健康」な血液でなければせっかく提供していただいても血液を必要としている方に届けることはできません。

そのため、献血前には様々なチェックを受けることとなります。これが簡単な健康診断として使えるカラクリです。

・血圧

献血の前には血圧を測定し、その結果を渡すことになっています。

要するに、血圧を測定することができるわけです。血圧の値を見てもすぐにいいのか悪いのか判断することはできませんが、血圧計から出力された紙に値が書いてあってそれを係の人に渡すことになりますのでその時に血圧の良し悪しを教えてくれます。

自宅で血圧計を常備している人はよほど気にしている人しかいないはずですし、なんだかんだで測定しなくなって倉庫の肥やしになっていることもあります。

そのため意外と血圧を測る機会はありません。献血スペースではそれが可能です。

・体重

献血可能な体重は以下のように決まっています。

献血の種類 性別・体重
200ml献血 男性 45kg以上、女性40kg以上
400ml献血 男女共 50kg以上
成分献血 男性 45kg以上、女性40kg以上

受付の際に現在の体重を申し出る必要があります。基準値を満たしていない場合は献血をお断りされてしまいます。

普段体重を量る機会がないために不明な場合はその場で量ってくれます。

「痩せて困っている」というよりは「太っていて困っている」という方のほうが当然多いですが、こうした機会がなければ意外と体重なんて量らないものです。

せいぜい、銭湯かなんかに行った時に「体重計があるから乗ってみよう」というようなときくらいしかないでしょう。

ちなみに、私は毎朝体重を量っています。そのため前日の食事をどのような内容にしたら体重が増えてしまうのかということを理解しています。

・カウンセリング

受付が済んだ後は看護士の先生から献血を受けるその日の体調についてカウンセリングを受けます。

普通に応答していればほぼ問題なく通過できますが、内容によっては献血を断られる場合があるかもしれません。

よく聞かれるのは以下のような内容です。

・今日の体調はいかがですか
・怪我はしていませんか
・前日から本日まで、薬を飲んでいませんか

ここでも、自分が健康かどうかを改めて判断することができます。

・血液検査

献血前の最後の検査として「血液検査」を受けることになります。

この結果は後日郵送されてきますので、コレステロールやγ-GTPなどの生化学的な数値をチェックできます

基準値より低い、あるいは高い場合はマークがつきますので貧血だったり血中コレステロール値が高いなどといった症例を確認することができます。

こうした数字を見ると「なんとかしなくては」という意識がわずかながらでも生まれます。

■休憩をすることができる

ここまで、献血では軽い健康診断ができるということを書いてきました。

ここからはそれ以外のメリットについて書いていきます。

まず、献血後は水分をしっかり摂取し、休憩を十分に取る必要がありますのでゆっくりとくつろぐことができます。

献血ルームでは無料でドリンクを飲め、お菓子を食べることもできます。

また、雑誌や漫画が置いてありますし、空調もバッチリ効いてますので快適に過ごすことができます。

■粗品を貰える

献血のお礼として粗品を貰うことがあります。

内容としてはお菓子やドリンクのような飲食物をはじめ、ブランケットやハンカチ、クリアファイルなんかが貰えます。

たまにアニメなどのキャンペーンもやっていますので、興味がありましたら事前に調べてから受けてみるのも良いと思います。

■まとめ

当記事をまとめます。

・健康に気をつけなければいけないですが、その基準を知る機会は少ないです。
・献血を利用すれば「血圧」「体重」「血液」の検査を無料で受けることができます。
・献血後は快適なルームでゆっくりとくつろぐことができます。
・アニメなどのキャンペーンが開催されることがあります。

会社の健康診断は年に一回しか受けることができず、他に受けようと思えば自腹での受診となります。

献血と献血の間はある程度の期間を空ける必要があります(献血カードに受診可能日が書かれる)が、会社の健康診断以上の頻度で受診できる上ありがたいことに無料です。

また、定期的に通うとなれば自ずと健康に気を使うようになります。

一度も献血をしたことがない方、自分の健康状態を少しでも知りたいという方は試してみてはいかがでしょうか。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

運動・健康
山ネズミをフォローする
My Calm Life

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました