格安SIMを使って通信費を節約しよう。そのメリットとデメリット

スポンサーリンク

お金のこと
この記事は約5分で読めます。

お世話になります。山ネズミです。

スマホの通信費は意識しなければその金額を認識しづらい。
改めて月々支払っている金額を確認すると、結構な金額のはずだ。
特に使い放題プラン系列を使っているとそれが顕著である。
また、明細を見てもどうしてこんなに高いのかがわかりづらい。

キャリアには安心感がある。
一方、格安SIMは「自己責任」のような印象が強く、
なかなか移行に踏み切れないのが現状ではないだろうか。

近年は格安SIMの種類と各々のプランが増え、使いやすくなっている。
なにより、プランを選べば月5,000円以上の節約になる。

今回は、格安SIMにしたことによるメリットとデメリットについて
書かせていただきたい。

スポンサーリンク

■メリット

・通信費を抑えられる

格安SIM最大のメリットと言っても過言ではない。
通常、キャリアの使い放題プランを契約すると月々6,000〜7,000円ほどかかる。
格安SIMといっても「使い放題・かけ放題」のプランを選択してしまえば
それほどお得には感じられない。

キャリアの場合も容量を選んで契約することもできるが、
その時点では自分が月々どれくらいの容量を使用しているのかは理解していない。
初めて購入する場合はもちろんであるが、機種変更のときであってもそうである。
そのため、キャリア受付の方に言われるがまま「使い放題プラン」を選んでしまう。
自分で深く考えずにいると、キャリアが一番得するプランで契約させられてしまう。

なぜなら、機種変更する理由としては「ハード面」に不満があるからだ。
通信容量を見直したいという理由で機種変更することはほぼないであろう。

一方、格安SIMを契約する場合は基本的には「自分で選ぶ」こととなる。
その時には月々の使用容量や通信の安定性、対応するスマホなどを調査する。
調査しての比較検討の上で契約するので、自分が納得できるプランを利用できる。
また、WiMAXを併用するのであれば最低容量での契約をすることで
月々1,000円未満の運用も可能である。

その結果、自分にとって不要な要素を排除することができ、
通信費を削減することができる。

・料金体系がシンプルである

キャリアのプランはとにかくわかりづらい。
名前だけは得しそうに見えるが、内容を詳らかにすると余計なオプションが含まれていたりする。

一方で、格安SIMはプランの内容がわかりやすい。
「月々何GBまで使用できます。それにこういったオプションが何百円でつけられます」
というのをチェックボックスで選んでいくので、十分な取捨選択をすることができる。

・通話プランが選べる

キャリアは基本的にかけ放題での契約になる。
他は「家族割」や「同キャリア間の通話が無料」といった程度のものである。
かけ放題で契約しても、例えばLINEやSkypeのような無料通話アプリを使用する場合は
そのオプションは完全に無駄になる。

格安SIMであれば、音声通話のオプションをつけずに契約することも可能だ。
ただ、電話でないと受け付けてもらえない役所への手続き電話などで
どうしても音声通話が必要になることがある。
そうしたときでも、例えば月60分までなら無料の音声通話オプションをつけることができる。
これであれば、完全に無駄にはならない。

・契約の縛りを気にしなくていい

2年縛りというものがある。
契約してから2年経過するまでに解約してしまうと違約金が発生する。
そのため、新しい機種が出てどうしても機種変更したいといった場合になどには
違約金を払ってでも機種変更するかどうかという選択に縛りが出る。
また、契約を解除できる「該当月」の概念もわかりづらく
基本的には通知もされないため「見逃す」こともあり得る。

格安SIMの場合、プランによっては違約金自体がなかったり、
最低利用期間を過ぎてしまえば解約しても違約金が発生しなかったりする。
そのため、より安くて自分に合うプランが見つかれば、気軽に乗り換えが可能だ。

スマホの進歩は著しく、欲しい機能がどんどん追加される。
また、実機に触れずに契約してしまってサイズ感などがどうしても合わないときもある。
スマホはもっと自由に取り替えられるものであると私は考えている。

■デメリット

・キャリアサービスが使えない

「〜@ezweb.ne.jp」などのキャリアメールは使用できない。
また、キャリア独自のサービスも当然使用できないので、
そうしたサービスを利用していた方にとっては使いづらさを覚えるかもしれない。
とはいえ、キャリアのサービスは意外と使用しないという方もいらっしゃると思う。
そうであるならば、格安SIMにしてしまってもいいだろう。

・通信の安定性はどうしても劣る

格安SIMは3大キャリアの電波を間借りしている都合上、
どうしても本家の通信と比べると安定性は落ちてしまう。
特に、昼休みやアフター5といった利用が集中する時間は遅さを感じる。
とはいえ、劇的に遅くなるわけではない。

通信が劣るとはいえ、ブラウジングに支障が出るほどの遅さはない。
また、WiMAXを併用するのであればその問題も多少はクリア可能だ。
結局は本人の時間感覚によるので、気にしない方はまったく気にならない。

・SMSはオプションになる

キャリアでは標準で付与されるSMS(ショートメール)だが、
格安SIMではオプションになるので追加料金がかかる。
以前から頻繁に利用していたのであれば、追加の必要性がある。
MVNOをすれば、電話番号を引き継げるのでそのままSMSのやりとりが可能である。

現在はLINEがその役割を担いつつあるので、不要ならば切り捨ててもいい。

■まとめ

格安SIMはとにかく融通がきく。
不要なオプションはとことん切り捨てることができる上、
月々の使用容量を把握していればそれに合わせて容量も抑えられる。

通信の安定性で言えば、UQ mobileが一番である。
私もこちらを活用し、月々のスマホ代金を1,800円程度に抑えられている。
なお、端末は一括払いで購入したため、端末代金は含まれていない。

スマホは現代において生活必需品とも言えるほどに普及している。
少しでもお得に活用するために、格安SIMへの移行を検討してはいかがだろうか。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お金のこと
山ネズミをフォローする
My Calm Life

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました