社内SEの仕事内容

スポンサーリンク

SE
この記事は約4分で読めます。

お世話になります。山ネズミです。

私はキャリアの中で「社内SE」として働いていたことがある。
社内SEは外部の顧客に対して仕事をするわけではない。
社内システムの調整や不具合改善を行ったり、
社内の業務を効率化させるための改善提案を行ったりする。

今回は、具体的にどういった仕事をしているのかを紹介しよう。

スポンサーリンク

■社内でのトラブル対応

ほぼ日常的に発生する仕事が「社内でのトラブル対応」である。
代表的なものを紹介していく。

・インターネットに繋がらない

ひと月に1、2回くらいの頻度で発生する通信障害。
インターネットにつながらなければメールの送受信ができないし、
クラウドで運用しているサービスを利用することもできない。

基本的にはルーターのリセットで解決するが、たまにそれでは直らない場合もある。
そうしたときの原因としては以下が挙げられる。

・LAN線やネットワーク機器の電源ケーブルが劣化している
・勝手にネットワーク機器を導入し、IPが競合した
・配置換えの際に一度抜いたLAN線のつなげかたを間違えた

そのため、インターネットにつながらないというトラブルが発生した場合は
可能な限りその直前に何をしたかを追究する。
そこから原因の切り分けを行い、対処していく。

・スキャナからPCにデータが飛ばない

頻度として最も多い問い合わせがこちら。
大体の原因は「Windowsアップデートによるセキュリティの更新」である。

スキャナ→PCの通信プロトコルは最新のWindows機能から除外されている。
古い通信プロトコルはセキュリティ面で脆弱性があるためである。

最新のスキャナであれば新しいプロトコルを使用しているので問題ないが、
会社のスキャナは十何年は変えることはない。
そのため古い機種をそのまま使っていくことになる。
そんなのはお構いなしにWindowsだけがどんどん新しくなってしまうため、
その対応に大変苦労している。

基本的には「共有設定」と「ファイアウォール設定」を確認すれば
アップデートの際に初期化されているため再設定を行えば良い。
しかし、場合によっては更新プログラムを削除した上で再度更新が必要になることもある。

これは、会社がWindowsを使っていく限り続いていくのだ。

■IT教育・指導

システムのトラブル対応以外にも、「教育・指導」というのを行っている。
PCを使って仕事をしている以上はある程度使えるようになってもらわないと
問い合わせ件数が増えるだけなので「理解者」を増やしていくのも仕事だ。

・PCソフトウェアの使い方

ExcelやWordといったOffice製品の使い方に関する問い合わせも多い。
ごく単純な「ページの途中からページ番号を入れたい」といった内容から
マクロを組まないと改善されないような内容まで様々である。

Office製品の使い方は検索すれば出てくるはずであるが、
Microsoftのヘルプページは専門用語のオンパレードの上情報が古かったりする。
Officeも複数のバージョンがあるために見つけた方法が使えない場合もある。

・セキュリティに関する注意

会社にはいろいろな人がいる。
ある程度PCを触れる人から紙の資料しか受け付けない人まで様々だ。

通信技術が急速に発達した現代では「セキュリティ」に関する知識は持っているべきである。
そうでないと、なんの疑いもせずにウイルス入りのメールを展開したり、
いかにも怪しいフリーソフトをダウンロードしたりする。

そうならないよう、定期的に「迷惑メール訓練」を行ったり、
セキュリティに関する注意メールを配信する、講義を行うといったこともする。

■その他

・改善提案

社内の業務を効率化するための改善提案をシステム担当者の目から行う。
その際の説得が非常に難しい。
設備投資や機材を新しくするといったことは比較的説明しやすいのだが、
クラウドサービスの導入やe-ラーニングの提案を行うと途端に難しくなる。
いかに専門用語を使わずにわかりやすく効果を説明するかが見せ所である。

また、実績を出さないと本採用されないこともある。
人の脳は安定を求め、新しいことを拒絶する傾向があるため、
便利にしたいという意識に行動が伴わないのだ。

・メンテナンス

PCやネットワーク機器、サーバーといったものはメンテナンスが必要である。
にもかかわらず、そうしたことに対する関心がないといっても過言ではない。
道具は手入れしなければ劣化する一方である。
そのため、担当者が機材を使わない間に軽くメンテナンスをしておく。
不要なファイルの削除やファームウェアのアップグレードなど。
日々のメンテナンスをしておくことで機材トラブルが起きても対処できる。

■まとめ

社内SEの仕事内容の大枠を紹介した。

・社内のITトラブル対応
・IT関連の教育
・システム改善提案
・機材メンテナンス

社内SEに限らずSEという仕事を行っているとMicrosoftが嫌いになる。
身勝手なアップデートで日々苦しんでいる。
アップデートで改善されるならばまだマシな方で、大体は何かしらの不具合を発生させる。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SE
山ネズミをフォローする
My Calm Life

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました