既製品で十分?それでも自作PCを組む理由

スポンサーリンク

パソコン・ガジェット
この記事は約4分で読めます。

お世話になります。山ネズミです。

一昔前と比べると既製品のパソコンの性能は向上してきている。
ノートパソコンは薄く、軽くなり、
デスクトップパソコンはよりスペックが向上している。
単純にパソコンを手に入れるのであれば、既製品で十分である。

一方、「自作パソコン」という形態もある。
自分でパソコンパーツを選び、組み込み、動かすものである。
こちらは買ってきてすぐに使えるものではなく、
場合によっては動かないということもあり得る。

また、スマホの普及によりそもそもパソコン自体の需要が少なくなり、
自作パソコン市場はやや縮小傾向にある。

それでも、私は自作パソコンを使用している。
その理由を今回は語らせていただきたい。

スポンサーリンク

■自分でパーツを選ぶことができる

既製品のパソコンとの最大の違いは「自分でパーツを選ぶことができる」点だ。
中にはほぼ完成しており、CPUやHDDだけを組み込めば動くようなものもある。

しかし、自分で考えて選び抜いたパーツで組んだパソコンには
言葉では表現できない愛着がわくものだ。

性能はもちろんのこと、色や形といった観点で選ぶことができるのも
既製品とは大きな違いとなる。
こだわりのメーカーが出てくればそれに統一してしまうのもいい。
また、パーツ自体のスペックを考えて買うので、
スペックに対する価格の相場観がわかるようになる。
既製品のパソコンを選ぶ際にも、金額が妥当かがわかるので
会社で調達する際にも重宝する。

より高スペックなパソコンが必要になれば、
それに対応したパーツを交換するだけでスペックアップができる。
丸ごと買い替える必要がないので予算を削減できる。

■トラブルや故障に強くなる

自作パソコンを趣味にしていると、ハードウェア故障に対応できるようになる。
パソコンが壊れる理由は様々であり、解決に半日以上かかることもある。
そのための「切り分け」をスムーズに行えるようになることが
自作パソコンを趣味とすることのメリットといえる。

本来ならメーカーに修理を依頼するところを、
自分でパーツを買ってきて交換して直すことができる。
多くの場合、修理を依頼するよりもローコストで済む。
送料や人件費など余計な費用が発生せず、パーツ代だけになるからだ。

例えば、マザーボードを丸ごと交換しなければいけないと思っていたものが、
CMOS電池の交換だけで直せると判明すれば電池代だけで済む。
HDDが壊れても、自分でデータを移行して新しく交換することができる。

もちろん自分のパソコンだけでなく、職場や知人のパソコンについても
修理やアドバイスができるようになる。
いい加減な修理はできないのでパーツ事情に詳しくなっていく。

■こだわる部分を選ぶことができる

既製品のパソコンはパーツの選択肢が少なく、十分にカスタマイズができない。
人によってはHDDの容量が少なくても良かったり、
インターフェースの数を少なくして安くしてほしいという場合もある。

自作パソコンの場合、いらないものはバッサリ切り捨てることができる。
CPUに予算を集中させ、他のパーツはミドルレンジのもので済ますなど、
柔軟な予算配分が可能となる。

また、サウンドにこだわるのであればそれに特化したパーツ選びができる。
用途に合わせてお金をかける部分を選ぶことができるのである。

■カスタマイズがしやすい

パーツの交換をする場合、既製品のパソコンだと苦労することがある。
対応するパーツが決められていたり、物理的に組み込めない場合もある。
そもそも、専用の工具がなければケースを開けない場合もある。

自作パソコンであれば、自分でパーツを買って組み込むことを想定しているので
パーツの選定が自由になる。
また、パソコンケースの仕様書にどれくらいの大きさのパーツまでが組み込めるかということが事細かに書いてあるためそういった点でも困らない。
組み込みの際も、基本的にプラスドライバーさえあれば最後まで組み込める。
小さめのねじを扱うので、磁石付きのドライバーがおすすめである。

(よりこだわってくると、工具が増えていくが・・・)

■まとめ

自作パソコンを持つメリットをまとめると、

・自分好みのパーツを選ぶことができる
・スペックに対する予算感が鍛えられる
・ハードウェア故障に対する対応力が向上する
・予算の配分を自由にできる

既製品を買うとなるとかゆいところに手が届かない場合があるが、
自作パソコンであれば自分好みに機能の追加も可能である。
場合によっては既製品よりも安くパソコンを入手できる。
ただ、相応の知識が必要なので挑戦する際はしっかり調べよう。

基本的なアドバイスであれば可能なので、お問い合わせいただければ幸いである。

以上です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました