Googleアドセンスに合格するには3記事で十分!合格までにやったことと不合格になる理由を解説します

スポンサーリンク

ブログ運営
この記事は約6分で読めます。

お世話になります。山ネズミです。

ブログ開設してすぐはGoogleアドセンスについては考えておりませんでした。
ですが、アドセンスの合格はある意味「Googleに認められる」一つの方法だと思いましたので、
ブログ開設後1ヶ月目にはじめて申請しました。

はじめはまったく合格の手応えがありませんでした。
不合格になる原因を明確にしていただけないというのもありますが、
いかんせんブログは趣味で始めたようなものですので「なにがいけないのか」がわかりませんでした。

不合格の通知を受け取ってからの1ヶ月間はGoogleアドセンスの合格に心血を注ぎました。
そして、この度ようやく合格することができました。

この記事では、ブログ初心者が開設から2ヶ月でGoogleアドセンスに合格するまでの紆余曲折を書かせていただこうと思います。
Googleアドセンス合格のヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

■最初は審査すらされなかった

このブログは3代目となりますが、初代ブログはfreenomの無料ドメインで作成しておりました。

この時にGoogleアドセンスに申請した時はわずか2日で不合格通知が配信されました。
無料ドメインではアドセンスの申請が通らないという記述もありましたので、
ここでfreenomのドメインを使い続けてもいいものだろうかと考えるようになりました。

ちなみに、不合格通知には「複数のポリシー違反」と書かれていました。

■ドメインを変えて再申請

freenomの無料ドメインにはSearch Consoleへのサイトマップ送信ができないという問題もありましたので、この課題を解決させるという意味でも、お名前.comで有料のドメインを習得しようと思いました。

結果的にはサイトマップ送信成功と、おそらくアドセンス合格の一助となりましたので変更してよかったと思います。

有料ドメインに変更しての申請は結果発表までに1週間ほどの時間を有しました。
ところが、結果としては不合格でした。

■価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)

不合格の理由は「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」でした。
この時点でのブログ(2代目ですね)の状況は以下のようなものでした。

◆アドセンス申請時のブログ状況
・記事数:75記事
・カテゴリ数:大カテゴリ3、小カテゴリ10
・一記事あたりの平均文字数:2,000字程度
・その日までのPV数:1,695
プロフィールあり
プライバシーポリシーあり
お問い合わせページあり
サイトマップあり
・Googleアナリティクス、Search Consoleに連携済み

必要最低限の要素は満たしていたと思います。
ですが、不合格理由から「コピーサイト」と判定されてしまったようです。
これが原因で不合格になる方が大変多いと聞きます。
確かに、近年はブログで収益化というのが流行っておりますし、
似たような記事が量産されてしまっている現状があります。

とはいえ、これだけ記事数が多いとどれを直せばいいのか判断が難しいです。
原因となった記事の特定に時間をかけるよりは、
審査用ブログを立ち上げてしまってそちらで申請したほうが早いと考えました。
幸い、ブログの立ち上げにかかる費用はドメイン料だけですので気軽に実行することができました。

■新たに審査用ブログを開設し、申請

そうして、当ブログが開設されました。
審査用ブログで意識したのは以下のような内容です。

・原因特定がやりやすいように記事数を少なくすること
→今回は3記事でした
・とにかく「自分の体験談・感想」を書くこと
→有益な情報を発信しようとすると他サイトからの流用が多くなります。

この2つを特に意識して記事を作成しました。
また、SEOを意識したタイトルで書くということもやっております。

その時の選ばれし3記事を参考記事として紹介させていただきます。
合格当時から一切リライトしておりませんので、参考になれば幸いです。

これらの記事を見てみると、自分の体験談をひたすら書いてありますね。
やや批判めいた内容もあったりしますが、それでも合格しております。

■ポリシー違反の解決

さきほどの3記事で申請をして2週間で結果が届きましたが、
今度は「ポリシー違反」で不合格となっておりました。
3記事でしたので、原因の特定にはさほど時間はかかりませんでした。

その原因は「あるサイトへの登録を促すような記述があった」からでした。
その時は「あるサイト」への外部リンクがありましたし、改めて振り返ってみると
アドセンスのプログラムポリシーにおける「報酬プログラムを提供するページ」に抵触していたのではないかと思います。
外部サイトへの登録を促すような記述はたとえ自分の広告でなくてもNGになるようです。

■開設から2ヶ月でようやく合格!

外部サイトへの登録を促すような記述を削除して申請したところ、
わずか4時間ほどでアドセンス合格の通知が届きました。

ポリシー違反となっていたところだけを確認したのだと思います。

振り返ってみますと、合格のために作業していた時間よりも「審査待ち」の時間のほうが長かったです。2代目ブログの審査に1週間、3代目ブログの審査に2週間ですからね・・・
細かい再申請の時間を含めるとトータルで1ヶ月は審査されていたのではないかと思います。

ですので、審査されている間は下書きで記事を量産しておくと有意義に時間を使えるのではないでしょうか。

■まとめ

Googleアドセンス合格のためのコツをまとめます。

・ドメインは有料のものを使いましょう。freenomではダメです。
・記事数は3つでも合格できます。不合格になっても原因特定しやすいです。
・記事内容はとにかく「自分の体験談・感想」で9割埋めましょう。
 これで独自性のあるコンテンツが完成します。
・審査にはとても時間がかかります。気長にいきましょう。

コツとしては少数精鋭かつオリジナリティのある記事で申請することです。

ドメインを変えたり、審査用ブログを立ち上げたり、SEOを意識したり
考えること、実施したことは多いように思えましたが、合格の決め手となったのは意外とシンプルなものであったと今回まとめてみて思いました。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブログ運営
山ネズミをフォローする
My Calm Life

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました