iPhoneSE から iPhone8へ移行する方法

スポンサーリンク

パソコン・ガジェット
この記事は約7分で読めます。

お世話になります。山ネズミです。

本日、スマホを機種変更した。
これまでiPhone SEを使用していたが、この度iPhone 8とした。

本稿では機種変更に至った理由と、手順について紹介したい。

スポンサーリンク

■機種変更した理由

・SuicaをiPhoneで使いたかった

一番の理由はこれである。
iPhone SEではFelica機能がないため、ApplePayでのSuica利用ができない。
それ以降の機種ではほぼ標準で搭載されている。
なんだかんだで、Suicaを別に持つのは煩わしいものであった。
スマホを取り出して改札を通過できるのは大きなメリットと思う。

・4インチスマホはもう出ないと考えたから

iPhone SEは4インチサイズのスマホである。
なおかつ、最新機種に迫るスペックを有しており、発売当初は話題になった。
今でも、そのサイズ感を理由に持ち続けている方もいる。
また、iPhone SE2の噂もあり、それが発表されれば機種変更をする予定であった。

しかし、iPhone SE2は待てど暮せど発表されなかった。
それどころかiPhoneはどんどん巨大化しており、
もはや4インチのiPhoneは永劫出ないのではないかと考えた。

・実機を触ってみて、不自由を感じなかった

サイズ感の話が続くが、こうした場合は実機を触ってみるのが一番である。
ヨドバシカメラにて、30分ほどiPhone 8を操作してみたが、意外と不便しなかった。
4.7インチはやはり微妙に大きいのだが、
ホームボタンをダブルタップすることで画面が下に降りてくるため片手でも操作できる。
そしてやはり、画面が大きいとその分情報の一覧性が高く、動画やゲームも映える。
とはいえ、iPhone XRなどは流石に大きすぎた。ポケットに入らない時点でスマートではない。

■iPhone SE から iPhone 8 への移行手順

以上、機種変更した理由を述べた。
ここからは実際にiPhone SE(以下、SE)からiPhone 8(以下、8)へ移行したときの手順を
備忘録として残したい。同じ境遇の方が参考にしていただければ幸いである。

※対象となる方:
・iPhoneからiPhoneへ機種変更をする
・新しい機種は自分でSIMフリー端末を購入した
・格安SIMを使っている(今回はUQ mobile)
・iOSが11以上
・WiFiでの通信が可能

・iCloudへバックアップ

まず、SEのデータをiCloudにバックアップする。
以下のように操作して、バックアップを作成する。

設定→一番上のAppleID→iCloud→iCloudバックアップ→今すぐバックアップを作成

バックアップの作成にはそれほど時間はかからない。
10分もあれば、間違いなく終わっているはずだ。

・SIMカードの差し替え

SEに差さっていたSIMカードを8に取り付ける。
iPhone同士なので、そこまで苦労せずに移動は完了できる。

・設定はiOS11以降なら近づけるだけ

SIMカードを差し替えて8を起動させると、初期設定が始まる。
このとき、SEを隣りに置いておけば
言語設定を済ませたくらいのタイミングで「クイックスタート」が8側に表示される。
また、SE側では「新しいiPhoneの設定」の表示が出る。
SEの画面で「続行」をタップすると、SEのカメラで8の画面を映すよう促される。
指示通りに行うと、8側で設定の復元が行われる。
これで、WiFi設定を含むすべての設定が移行される。

初期設定の際に、どこから復元するかを問われるので、
iCloudバックアップを選択し、復元しよう。
データの復元の後、パスコードなどの初期設定と、あればiOSのアップデートも行われる。

データの復元と初期設定が完了するとしばらくはアプリのダウンロードタイムとなる。
大量にダウンロードが行われるので、WiFiに接続した状態で行おう。

・LINE引き継ぎ

8でLINEを起動すると、初回認証のためにメールアドレスとパスワードを求められるので入力する。
ログインすると、アカウントを引き継ぐ手段を求められる。
今回はSEも8もWiFiに接続したオンライン状態のため、
LINE機能の「アカウント引き継ぎ」を利用した。操作方法は以下の通り。

※LINE画面での操作
ホーム左上の歯車マーク→アカウント引き継ぎ→アカウントを引き継ぐをオンにする

すると、SEから8へデータの移行が行われる。
その後、8で電話番号認証を行うこととなる。
電話番号を登録するとSMSで認証コードが送られるので、
そのコードを画面に入力すれば引き継ぎが完了となる。

・新生銀行スマホ認証の移行

私は新生銀行をスマホ認証で使用していたためこちらの設定も必要であった。
「新生パワーコール」に電話し、
ガイダンスに従ってプッシュキーの操作をしていくとオペレーターとつながる。
あとはSEのスマホ認証を解除していただき、8で再度登録すれば完了である。

・Suicaの設定

これまで使用していたSuicaを「Wallet」に登録する。
この時、パスコードの登録が必須となるので事前に設定しておこう。

Walletの右上の縦三点リーダーをタップすると、
登録するカードの種類を聞かれるので、Suicaを選択する。
すると、8にSuicaを重ねるよう画面指示があるので
それに従って操作するとWalletにSuicaが登録される。
8でSuicaを利用するためにはSuicaを「エクスプレスカード」として
登録する必要があるが、Suica登録時にすでにそのように登録されていたので
別にカードを設定していないのであればそのままで完了する。

注意点として、例えばパスコード機能をオフにするとSuica設定が解除される。
Suica自体はすでに登録済みであるので、Walletの画面で有効にすればよいのだが、
うっかりパスコードのオンオフ操作をして改札を通ろうとすると反応しないので注意。

・アプリ設定の移行

iCloudバックアップから復元されているので基本的にはそのままアプリを使用できるが、
アカウントでログインが必要なアプリは再度ログインが必要となる。
ログイン情報がSE側でないと確認できないものもあるので、
インストールしたすべてのアプリが正常に操作できることを確認してから
次の「初期化」を行うようにしよう。
アカウントを忘れてもなんとかなるものだが、
ログイン情報の問い合わせはなかなかに手間のかかるものだ。

・APN設定

8にSIMを挿入した後はAPN設定が必要である。
これを行わなければ、4G通信が不可能となってしまう。

8のSafariで以下のURLにアクセスする。
Safari以外のブラウザだと正常にインストールができない。
https://www.uqwimax.jp/mobile/support/guide/apn/UQmobile_2.0.mobileconfig

あとはUQ mobileのマニュアルに従ってプロファイルをインストールする。
https://www.uqwimax.jp/mobile/support/guide/apn/pdf/profile_ip5.pdf

・iPhoneSEの初期化

AppleIDからのサインアウトする(データのコピーは残さない)
後は以下の手順でSEを初期化することができる。

設定→一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を消去→iPhoneを消去→iPhoneを消去

これで、SEは完全に初期化される。やり残しがないように注意したい。

■まとめ

急な機種変更となったが、概ね満足行く結果となった。
一度欲しいと思ったものはすぐにでも手に入れたくなるのは昔からの悪い癖である。

iPhone同士の移行ということもあり、特に苦労せず完了した。
画面が大きくなったことと、
何よりSuicaを取り出さずにiPhoneで完結できるというのは想像以上にスムーズであった。
昔は機種変更によるデータ移行は半日がかりになるものであったが、
2時間もかからずにすべての工程を完了させることができた。
新機種のリリース間隔が狭いということもあり、移行はスムーズにできるに越したことはない。

以上です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました