年の瀬にモノを見直しました。入れ替えた「モノ」5選

スポンサーリンク

ミニマリスト
この記事は約6分で読めます。

お世話になります。山ネズミ(@yama_nzm)です。

2019年もそろそろ終わりですね。

そろそろ大掃除の時期になりますが、ミニマリストは普段から大掃除のようなことをしていますので掃除に関してはいつもどおりです。

ですので、この時期は「モノの見直し」を徹底的に行うことにしました。

ここでバシっと決めてしまえば、今後の出費はほぼ起こらなくなります。

それくらいの気持ちで取り組み、ようやくモノに関しては一段落しました。

今回は入れ替えを行ったモノに関して「入れ替えのルール」と具体的に入れ替えたモノに関してシェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク

■ルールを定めて入れ替えを行う

モノの入れ替えについてはしっかりルールを決めないと際限なくなってしまいます。

入れ替えを行うということは当然モノを買うことになりますのでその対象が多くなればなるほど出費がかさみます。

なおかつ「長く使えるモノ」となればそれなりのお値段がしますので注意します。

◆今回定めたルール
・基本的にはブラックのアイテムを選ぶ
・次点でネイビー、チャコールグレー
・機能性重視。いくらデザインが良くても今のモノより機能的に劣ってはいけない

■手放す手段を確保する

入れ替えは「購入」と「廃棄」が同時に起こります。

新旧が同時に存在すると、当然ですがモノの絶対量が増えますので旧のモノは早めに手放さなければなりません。

可燃ゴミ・不燃ゴミに出せるのであれば手っ取り早く手放せるのですが、粗大ゴミとなると即手放すことはできません。

ネット上で回収依頼をすることができますが、2〜4週間先の日付でないと回収してもらえないということがほとんどです。

そのため、状態が比較的よくてまだまだ使えるものであればメルカリを使って手放します。

利益も発生しますので可能な限りこちらを利用しました。

■入れ替えたモノ5選

・衣類

衣類に関しては大幅な見直しを行いました。

基準としては、「洗濯が家庭で行いやすく、乾燥機にかけてもひどくシワがつかない服」です。

この基準に沿って選ぶことで、「クリーニングに持っていかなければならない」ことと「専用の洗濯洗剤を買わなければならない」といった2つの面倒を省くことができました。

代表例としては、オンオフ兼用のシャツとしてユニクロのファインクロススーパーノンアイロンシャツを導入しました。

他にもこれを機に痩せてサイズの合わなくなったボトムスやカラー的に統一感のないトップスについて入れ替えを実施しました。

入れ替えの時はルールを決めて選ぶようにしましたので統一感がとれるようになりました。

◆衣類のカラールール
・アウターはネイビー
・トップスはホワイト
・ボトムス、アクセサリー類はブラック
 ただし、首から上に身につけるアクセサリーはネイビー

その影響でだいぶ出費してしまいましたが、「定番」が決まったので今後衣類で悩むことはなくなります。

一覧についてはまた別記事を作成しようと思います。

・掛布団

かれこれ12年使ってきた羽毛布団を入れ替えました。

さすがにヘタってきたのと、素人洗濯による羽毛の偏りが起きていて使っていて気持ちよくありませんでした。

ですので、10月の無印週間であたたかファイバー厚手毛布を買いました。

羽毛布団のようにかさばらないのに暖かいです。

また、洗濯機で雑に洗っても偏りが起きませんし、乾燥機にかけても一部分が乾いていないなんてこともありません。

足元が寒い時はブランケットとしても使えますので汎用性が高くいいモノです。

・机

私は身長が低いので、自分に合ったモノを探すのに苦労します。

その中でも机は昇降機能がなければ絶対に自分に合いません。

今まで使ってきた机は昇降機能こそありましたが、限界まで下げてもピタリとハマりませんでした。

以前レビュー記事を書きましたが、Bauhutteのデスクを買うことでその問題が解決しました。

長く使うものこそ、検討を重ねて自分に合ったものを買うようにすることで生活満足度が格段に向上します。

・ゴミ箱

30Lくらいの小さなゴミ箱を使用していました。

我が家はさほどゴミがでませんのでサイズ感的には問題ありませんでしたが、「ゴミ袋がはみ出る」という状態が気になるようになってきました。

ミニマリストになる前から使ってきたのですが、モノを減らして洗練していくとこれまで気にならなかった事柄に気づくようになります。

そのため、ゴミ袋がはみ出ないシンプルなゴミ箱を探しました。

結果として、クードkcudのシンプルスリムに落ち着きました。

ペダルで開けることができなくなることで不便になることを懸念していましたが、案外慣れるもので致命的に不便になることはありませんでした。

また、やや容量が増えたことで大きめのゴミが細かく切らなくても捨てられるようになり、快適度が上りました。

なにより、ゴミ袋が外から見えないというのは想像以上にスッキリします。

・プライベート用のバックパック

プライベート用にPORTERのバックパックを愛用していましたが、どうにも内側のオレンジが気になるようになってしまいました。

前述しました「衣類のカラールール」を決めたことでそぐわなくなってしまったのです。

また、プライベートのカバンは平日に使うことがほぼありませんのでスペースがもったいないと感じていました。

そのため平日は折りたたんで収納し、休日は展開して通常通り使える「折りたたみリュック」に入れ替えを決めました。

最終的に、モンベルのポケッタブルライトリュックを購入しました。

アウトドア用品のモンベル製品だけあって折りたたみリュックでありながら丈夫で問題なく普段使いできています。

平日は小物ポーチサイズにまで折りたたんで収納できますので場所も取りませんし、通勤カバンに忍ばせておけばいざというときにも使えます。

ミニマリストとアウトドア用品は相性がいいので今後も取り入れていきたいです。

■まとめ

当記事をまとめます。

・衣類はルールを決めて揃えるようにしました。
・長く使うものは特に吟味して後悔のないように選びました。
・「足す」のではなく「差し引き0」にしてモノの絶対数は増やさないように心がけます。

入れ替えに際して自分の所有しているモノの全面的な見直しを行いました。

結果として統一感のある空間が出来上がり、これまで以上に快適な日常生活を行うことができるようになりました。

その代償としてなかなかの出費が発生してしまいましたので、来年からは節制していきたいです。

モノに関してはようやく一段落つきましたので今後は「維持・管理」に注力していくような感じになります。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ミニマリスト
山ネズミをフォローする
My Calm Life

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました