簿記は何級あればいい?何級以上あれば業務に役立つかを考えてみました

スポンサーリンク

転職
この記事は約3分で読めます。

お世話になります。山ネズミ(@yama_nzm)です。

日商簿記検定は就職・転職の時に有利とされている資格です。

「コスパいい資格」として多くの方が取得を目指す人気の資格です。

確かに、どんな企業でも活用できる汎用性の高い資格であることは間違いありません。

また、実際の業務でも会社に所属している以上は必要な知識になってきますし、フリーランスや個人事業主の方であれば自分で財務管理をしなければなりませんのでより必須になってきます。

では、仕事において簿記の何級以上取っておけば役に立つでしょうか。

実際の業務経験から、このことを書いていきたいと思います。

★こんな人に読んでほしい
・簿記を取ろうと思うが何級を目指せばいいのかわからない
・就職、転職の際の資格欄に普通免許以外を書きたいので簿記を取ってみたい
・実際、簿記を取って役に立つのかわからない

スポンサーリンク

■とりあえず3級あればいい

結論、一般的なサラリーマンでしたら3級あれば十分です。売掛・買掛と基本的な財務諸表がなんとなくわかればそれで十分です。

販売管理システムを担当する場合でも売掛・買掛がわかっていればだいたい大丈夫です。

実際に問い合わせがあるのはそれ以外の部分(独自仕様とかそのあたり)が圧倒的に多いので、簿記3級の範囲でも対応が可能です。

現実として、部長レベルでも簿記3級までしか持っていないです。

会社というのは何かを販売して利益を得るのが存在理由ですので、この基本がわかる簿記3級は日常業務では意識しなくても仕事の端々に関わってきます。

ですので、最低限3級は取得しておくと仕事の幅が広がります。

■2級以上が必要な場合

では、3級より上のレベルは必要ないのかと言いますと、業務によります。

例えば経理部であれば簿記2級は必須になります。

募集要項にも簿記2級以上を求められるか、入社してから取るように指導が入ります。

フリーランスや個人事業主の方は自分で財務会計、管理会計を行うことになりますのでやはり2級が必要になってきます。

また、サラリーマンであってもパソコンなどの備品をお客様先に納品するときなどに「リース」という概念が出てきます。これは2級の範囲ですので軽く見ておくのもありだと思います。

1級は「会計士」や「税理士」といった財務関係で専門性の高い仕事をする場合に必要になります。

簿記1級はこれらの資格を取る時の通過点として取るような資格です。

実務としての簿記の範疇を超えておりますので、一般的な従業員であればここまでのレベルは必要ありません。

■まとめ

当記事をまとめます。

・一般的なサラリーマンであれば簿記は3級あれば十分です。
・2級が必要なのは経理業務を行う方です。
・1級は通常業務の範疇を超えています。会計士、税理士を目指す方むけです。

もちろん、1級を目指すだけであれば誰が行っても問題ありません。

資格マニアのような人が己の限界を試すために取得するパターンもあります。

ただ、せっかく取得するのですから業務で活かせたほうが何倍もいいです。

取得して一切使わないのであれば受験料も勉強に捧げた時間も無駄になってしまいます。

自分の今の仕事と将来の姿を想像して何級までが必要かを考えてみてはいかがでしょうか。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

転職
山ネズミをフォローする
My Calm Life

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました